50歳でも現役のストライカーである三浦知良選手(以降カズ)は、周りにいら選手や見る人に勇気を与え、道の一つを示してくれるスポーツ選手だと僕は思っています
カズは、昨シーズンは20試合で2ゴールだったそうです

あんまり活躍してないじゃん、アイコンとしてチームが在籍させてるの?なんて声もありそうですが

カズは出場時間が短く、最長で66分で20試合というより時間でみると639分で2ゴールをあげています。時間数を試合数で置き換えていくと7試合で2ゴールです。
 

同チームの同ポジションの選手は

  • 2717分 18ゴールのイバ選手   
  • 2273分 4ゴールの津田選手
  • 1471分 6ゴールの大久保選手

となります

カズが戦力なのが、こうしてみるとわかります


また、カズはチームを育成、強化する上で変えのきかない存在でもあります

24時間を通して、取るべき姿勢を含めてプロの行動を示してくれる唯一無二の存在です

練習開始の2時間前にはクラブハウスにきて準備をして、練習後は4.5時間かけて体をケアしてから帰る

この日常が50歳でも若手に負けないアスリートです。

カズは「グラウンドで死にたい」

と言ってるそうですが、それを叶える為への逆算しての日常と行動が今の毎日です。

生涯現役

恐らくですけど、サッカー選手でも10人に1人くらいはこの言葉を言われてる人がいるのでは?という気がします(多分)

でも生涯、必要とされる人である為にを考え、24時間をおくり続けてる人はそうはいないと思います。
僕のしてる美容師の仕事は、手に職だから一生食うに困らないと、昔は言われていました

けど、本当にそうなんでしょうか?

必要と生涯され続ける事の難しさと準備、プロとしての日常とは?  

カズに見習えと言っても、その日常が凄すぎて、逆にあの人は別格だからと、追わない若手も多いそうです


生涯現役


プロの世界でその難しさは、時間が過ぎないと気付かなく、大きくも小さくも時代が過ぎて後悔という思いでしか、自分に響かせてくれないのかもしれませんね。。

 

しかし、言葉よりも積み重ねた背中と年月で語る物語は何とも言えない程、強く優しいものですね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

押目 久志NINa代表

投稿者プロフィール

2011/5/16 NINa設立
兵庫県西宮市を中心に美容師として活動、ヘアスタイル、撮影、WEB、Service、技術のディレクションを行う
独自開発のドライカットを中心にカラーやドライ、カラーリング、スタイリング全てにNINaオリジナル技術をねりこみ
大学生、OL、大人女性に上質で洗練されたオシャレを提案する
普段は、おもろいおっさんとしても活動

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る