ヘアカラーでの僕のこだわり

こんにちはー!
今回は

久々にも仕事での考えかた

僕のヘアカラーでのこだわりというか

考え方を述べてみたいとおもいます(^^)


1,綺麗に全体のトーンをあわせる


なーんだそんなことかって

当たり前なんですが

お客様の髪って意外と細かく明るさが違う事が多いです

表面の根元以外は明るいから暗くしたい

でも

ちゃんと内をみると

暗くする必要がないどころか

逆に暗くて明るくする必要がある場合が多い
これ

惰性に近い感じで

根元を明るくしたあと

すでに染まってる根元以外は

暗くする薬剤をとくに考えずにつかってしまってる美容師さん

かなり多いとおもいます

結果

内側(後ろの襟足から後頭部の出っ張ってるあたり)

はどんどん色が足されていき

濁っていき

より全体との明るさがあわせにくくなっていく

事になりやすいとおもいます

これは

マズイですね^_^;

…修正がどんどん難しくなるのですから

(;´Д`A
では

2,ノンテンション

ノンテンションっていうのは

わかりやすく簡単にいうと

お客様の頭があまり動かないってことですかね
塗られてるお客様に負担がないようにという

のもありますし

髪に余分な負担をかけないというのも

大きな意味ですね

 

 

結構

これで頭が

がんがん動かされると

癒やしの空間でなくなってしまいますしね

^_^;
何より痛いのは

誰だって嫌ですしね(;´Д`A

 

まだ

こだわりをかけきれなさそうなので

 

今日はこれにて⭐️

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

押目 久志NINa代表

投稿者プロフィール

2011/5/16 NINa設立
兵庫県西宮市を中心に美容師として活動、ヘアスタイル、撮影、WEB、Service、技術のディレクションを行う
独自開発のドライカットを中心にカラーやドライ、カラーリング、スタイリング全てにNINaオリジナル技術をねりこみ
大学生、OL、大人女性に上質で洗練されたオシャレを提案する
普段は、おもろいおっさんとしても活動

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る