写真家、星野道夫さん紹介

僕が星野道夫さんを紹介する上で
結構大事なのが
学生時代のエピソードではとおもいます

(星野道夫さんの書かれたエッセイは全て所持し
繰り返し読んでるのですが
記憶違いにより、少し誤った記述がある部分も
あるとおもいますがご了承くださいね(;^_^A)


星野さんは
高校生の時の夏休みに
アメリカで夏休みを丸ごと過ごしてます
本当は
友達といく約束をしてたのですが
結局友達が来れずに1人でいかれた
というエピソードですが
当時、船旅でアメリカまで数日かけて
いかれたというのも
地球の大きさを船旅という比較的に穏やかな速度で実感されたという事も
後に影響を与えられた事とおもいます

そして
何より
高校生の自分に対して
そんな旅を許し
応援してくれた両親

これ
本当になかなかできない事ですよね?

この旅が
多分、後に世界
いやアラスカへの行動力
のキッカケになったこととおもいます

そして
高校三年の時は
当時、古本屋で見つけた
ナショナルジオグラフィックだったと思うのですが
そこに載ってた
1枚の写真
辺境のイメージが強いアラスカの
更に端にある村
シュシュマレフのキャプション

その1枚の写真に
どうしても何度本を開いてもそこに
目がとまったそうです
何故?
こんなところに人が住まなきゃいけないのか?

どんな暮らしをしてるのか?
この疑問が
やがて星野さんの大きく人生を突き動かしていったのですね
では
またつづけます^ ^

にゃんにゃん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

押目 久志NINa代表

投稿者プロフィール

2011/5/16 NINa設立
兵庫県西宮市を中心に美容師として活動、ヘアスタイル、撮影、WEB、Service、技術のディレクションを行う
独自開発のドライカットを中心にカラーやドライ、カラーリング、スタイリング全てにNINaオリジナル技術をねりこみ
大学生、OL、大人女性に上質で洗練されたオシャレを提案する
普段は、おもろいおっさんとしても活動

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る