NO-A(ノア)とは?[完全保存版]

5月にリリースさせていただいたノア

使用していただいてる方、本当にありがとうございます😊

今更ながらですが、プロデュースや細かい配合なども一緒に担当してる僕から説明させていただければと思います

先ず、ノアを使用することによって、何がかわるか??

ですが、一番大きいのはダメージの超低減です

ノアはプロフェッショナル向きの商材と使用になるので、お客様全員に同じように使用したら、最大限の効果を発揮するものではありません

が、、慣れてきてそこが調節できるようになると、無双します

理解ある方も中には勿論いらっしゃると思うのですが、既存の価値観をブチ壊すくらい

無双します!!

ただ、あくまでも既存のダメージに対してもある程度自己治癒能力を促したり、ダメージへの抵抗力を与える事は出来ますが、ダメージの超低減というのをちゃんとお伝えしていかなくてはいけないです😅

色んな他のダメージ低減系(架橋系)と比べられるかもしれませんが、実は似てる節もあるのですが根本的に違います

ノアの特徴として第2に

酸化を抑える(還元)

というのがあります

酸化というのは、言葉を変えると老化とも言えます

基本、アンチエイジングと呼ばれるものは殆ど、酸化を還元ふる事に効果があるというものと思います

単純にノアはその力が強いです

そこにはテラヘルツとかいろんな事が入ってきますが、、

結局、人には光であれ、音であれ振動というものが大きく関わってきて

それは生命が存在する上で、避けて通る事ができないものだと考えてます

酸化を還元する力が強いとどうなるか?

例えばカラーだと過酸化水素を使い酸化を促進します

という事は、そこに近い地肌は酸化しやすく(老化ともいえます)

白髪が増えやすくなったり、髪が細くなったりなどもあります

それをノアを使用する事でその酸化を大幅に減らす事ができます

白髪の発生、増殖をなるべく抑えるカラーであるとも言えます^ ^

酸化や糖化などは20代半ばくらいから、関心がある方は凄く多いです。

雑誌でも多々取り上げられてますよね!

では次にノアの特徴

口にできないものは使用してない

です

ノアで使用するものは全て口にできます

身体に悪いものは使っていないです

お客様の状態によって、使用料が多いと軋みや硬化を感じるケースもありますが、基本調節で全て対応できます

そして、顔につこうが、口にしようとノアは一切害がありません!!

口にできるという言い方をしましたが、ぶっちゃけ口にしてもらった方がいいですww

コラーゲンを摂取しても分解して再構築されないと効果はないですが、それもノアとは相性がいいです^ ^

ちょっと話がそれましたが、実際使用していくとどうなるか?

ですが、簡単にいうと

勝手に髪が綺麗になります

あと

人によっての個人差はありますが、癖が弱まる人が沢山います

美容師さん向けですと

手荒れの悩みを持つ人が減ります

あとは

今までの美容室でなり得なかった髪になります

(大っきくいいましたねー、、、)

でも嘘じゃないですw

といいとこばかり言いましたが、じゃあ上手くいかないお店や人がいないことはないです

理解がないとそもそもズレますし(お客様の提案や提案側の認識かもしれませんし)、万能薬に近づけようと思うと効果は薄まります

なので、ある程度事例はあげますが放りなげてるところも箇所によりありますw

ただ、これからこの先、スタンダードの基準は確実に上がり、何かしろの近しい商材を取り入れるお店は2割を超えると踏んでます

ノアもその頃には、もう何段階かステップを踏んでるかもしれませんが、知識やノウハウは使われてる美容師さんに確実に蓄積されると思います

実は、まだまだまだ話したい事はあるのですが、、、、

とりあえず、ここまでとさせていただきます^ ^

(気になった方はメッセージや、dmなどでご連絡いただければと思います、随時、対応させていただき又相談なども個人個人でも応じてます)

あと、画像の一部にありましたけど、残留アルカリや、過酸化水素を分解、中和するレゾシステムもおススメですよーー!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

押目 久志NINa代表

投稿者プロフィール

2011/5/16 NINa設立
兵庫県西宮市を中心に美容師として活動、ヘアスタイル、撮影、WEB、Service、技術のディレクションを行う
独自開発のドライカットを中心にカラーやドライ、カラーリング、スタイリング全てにNINaオリジナル技術をねりこみ
大学生、OL、大人女性に上質で洗練されたオシャレを提案する
普段は、おもろいおっさんとしても活動

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る